凍結による給湯器などの水漏れを防ぐには

日本の中でも南と北での気候の違いは大きいです。東北や北海道の冬は水道の凍結が起こるほど冷え込んだりします。水道が凍結すると水が凍るだけで済めばいいのですが、水の膨張で水道管が破裂したりします。この場合は水道管を交換しなくてはならないため業者を呼ぶことになります。水道を凍結させてしまった場合、水回り設備でも凍結が起こっているかもしれません。設備内での水の膨張により亀裂が生じると水漏れが起こります。このように寒冷地では冬独特の水漏れ 修理が発生します。

■水道凍結が起こりそうなとき

上水道、下水道とも地中深くに埋められているので基本、寒冷地でも凍ることはまずありません。しかし、建物内をめぐっている配管内の水に関しては凍結の恐れがあります。日本国内でも最低気温がマイナス20度を下回る地点は数多く存在し、冬の間は何度も冷え込むところがあります。その場合、水を落としておかないと水道管内の水を凍結させてしまいます。水道の元栓を締めると水が地中の水道管まで落ちていきます。このとき注意が必要なのは、水道管内の水が全部落ちずに残ってしまうことです。テレビなどで凍結注意の案内が出た日などは必ず水を落としてください。

■水回り設備の水落とし

水を落として一安心というわけにはいきません。建物内の水道管の水分同様、水回り設備内の水も落とさなくてはなりません。たとえばトイレのタンク内の水も対象です。トイレの中に暖房を置き夜の間中つけていれば大丈夫でしょうが、一般家庭において寝室以外は真冬であっても暖房を消すところがほとんどです。そうなるとトイレのタンクの中の水などすぐに凍ってしまいます。それぞれの設備の取扱説明書を見直して水落とし作業を行ってください。再び使用する際も取扱説明書にある手順を守って水通しをしてください。手順を間違えると空気が入り故障の原因になる設備があります。その際はもう一度水落としからやり直すか、エア抜きの方法があればそれを行ってください。

■まとめ
北海道などの寒冷地における凍結対策は給湯器などの水漏れ 修理の予防にもなります。真冬の寒い日の夜は面倒くさがらずに水を落としてから寝るようにしてください。特に、テレビやラジオ、ネットニュースなどで水道凍結注意のお知らせがあった日は必ず行い給湯器などの水道設備の水落としも併せて行うようにしてください。この手間を怠って水道を凍結させてしまうと、業者を呼び対処して修理をしてもらうのに1日かかってしまったり、翌日まで作業を持ち越すこともあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ